2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンは退魔師稼業のようです━╋RETURNS━━

1 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 21:51:38.76 ID:43xCdwDW0
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『やっとネット環境整えてサイト回りしてみたら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        正義と遊園地がいつのまにか終わっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしい逃亡作者仲間入りの片鱗を味わったぜ…

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 21:51:49.91 ID:120UsvbY0
なんという良スレ・・・
スレタイを見ただけでワクワクしてしまった
このオレも間違いなく伸びる

   / ̄\
  | ^o^ |  <白河ことりちゃんかわいいです
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |
  |     |

3 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 21:52:16.56 ID:43xCdwDW0
〜前回までのあらすじ〜


やっと仕事が見つかったギコ、しぃ、そして愉快な仲間達。

しかしそれはオマケコーナーのレギュラーだった!!

(*゚ー゚)「もう止めて!!これ以上……あなたのそんな顔見たくない!!」

( ゚д゚ )「止めないでください……。アイツが呼んでる……。
     アイツはオレに止めて欲しいんだ!!
     親友のオレが!! オレが止めなきゃ駄目なんだ!!」

( ゚∋゚)「ぐぅぅぅおぉぉぉぉー―──!!
     体が熱い!! 痛い!! 苦しい!!
     ミルナァー―──!! 早くオレを楽にしてくれぇー―──!!」

たった2分程度の取ってつけたようなコーナーに押しやられた4人。

この屈辱的な扱いに耐える事が出来るのか!?

そして本編への復活はなるか!?


(,,゚Д゚)「………。何やってんのお前ら?」


4 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 21:52:47.29 ID:43xCdwDW0

まとめは内藤エスカルゴさんです
http://www.geocities.jp/local_boon/index.html
ありがたいことです


このブーン系小説は

―― トンネルのむこうは、不思議の町でした ──

『孔雀王』

の元ネタでお送りします


5 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 21:53:29.65 ID:43xCdwDW0
∧_∧
(*゚;;-゚)(何じゃあの妖怪は? 1300年も生きて初めて見たぞ)

('A`)(あー、あれはオカマって言ってね。自由すぎる現代社が産んだ悲しい生き物さ)

ξ;゚听)ξ(初めてナマで見たわ……)


辺りを100の異形の魔に包囲されているにも拘らず、彼らはそれを忘れていた。
異形を超える異形を目にしているからだ。

その異形はモリモリの筋肉とケバケバメイクと真っ赤でタイトなボディコンの鎧を纏っている。
やはり真っ赤なハイヒールには、目の細かい網タイツを穿いた足を突っ込んである。
その網目からは所々脛毛が飛び出し、ファンデーションで塗り固めた顎からはポツポツと黒い髭が。

何というか、まぁ……。
現われたのはオカマだった。


6 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 21:53:56.41 ID:43xCdwDW0

川#゚ -゚)「何者だキサマ?」

(;´・ω・)「あれ? どうしたの、クー? 顔がクールじゃなくなってるよ?」


オカマに詰めよるクー。
大きな変化こそないが、その表情からは静かなる怒りが伺える。

  _
( ゚∀゚)「まぁ、美人さんねぇwww。妬いちゃうわ、ショボン 」

川#゚ -゚)「私の主人を誘惑してもらっては困る……」

(#´・ω・)「待てコラ。オレがオカマの誘惑になびくとでも?
       で、どうせこれは流されるんだろうけど、オレの耳が確かなら、今『主人』って言わなかった?」


怒りを沸々と煮え滾らせるクーだったが、オカマは特に気にしている様子もない。
外野では新たに怒りの炎を灯した男が一人いるが……


7 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 21:54:28.76 ID:43xCdwDW0

川#゚ -゚)「……分からんぞ。お前は一時ksmsが公式設定だったからな……」
  _
( ゚∀゚)「あ〜らぁwww。そうなの、ショボン?」

(;´・ω・)「わ〜い、やっぱり2行目は流された。ところで、パラレルワールドの話はまた今度にしない?」


所詮ショボンは外野。
思いは伝わらなかった。


川#゚ -゚)「……この浮気者!! 何だこのオカマは!? どこのデラックスだ!?」


とうとう声を荒らげ始めるクー。
クーの怒りの矛先が向いている浮気者の容疑をかけられているコイツ。
ショボンは何とかその怒りを鎮めようと焦る。


(;´・ω・)「誰って、ホラ。荒巻のジイ様がお前ともう1人、助っ人遣すって言ってたじゃないか 」

川#゚ -゚)「助っ人?」


8 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 21:55:39.55 ID:43xCdwDW0

そう言えば荒巻が言っていた。
『鬼が悪さしてるんだ。『あの野郎』しかいねぇだろ』と。
つまり『あの野郎』がここに来ているのだ。


(; ^ω^)「じゃ、このオカ……、この人が?」
  _
( ゚∀゚)「うふふwww。初めましてボウヤ♪ アナタも中々カワイイ顔してるじゃない 」

(; ^ω^)「…………そりゃ、どうもだお 」


オカマの投げキッスに不吉な物を覚えるブーン。
可愛い女の子に同じことを言われたならどれだけ嬉しいことか。
身震いするブーンを先頭に、オカマは自分から視線を離せない退魔師達を見回した。

  _
( ゚∀゚)「私はジョルジュ長岡 」



9 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 21:56:10.42 ID:43xCdwDW0
  _
( ゚∀゚)「呪禁道のジョルジュよ 」






          ( ^ω^)ブーンは退魔師稼業のようです━╋RETURNS━━

       ――――第一章・クソジジイの指令・地獄の1丁目へようこそ――――


                     〜その2、四鬼結界〜







10 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 21:58:37.67 ID:43xCdwDW0

川 ゚ -゚)「何だ。恋のライバルかと思った 」
  _
( ゚∀゚)「うふふふふwww。あなた達の邪魔はしないわwww」


誤解が解け、いつもの素直でクールな彼女が戻ってきた。
ジョルジュの試合放棄を聞き機嫌を直す。
早くも打ち解け合っている2人を見て、この男だけはウンザリしていた。


(;´・ω・)「どうしてこの話題になると、誰もオレの話を聞いてくれなくなるんだろう?」


突然その後ろで強烈な打撃音が響く。
振り返ると堅く拳を握ったドクオの足元に、1匹の鬼が転がっていた。


('A`)「よぉ。今は雑談してる暇なんかなさそうだぜ?」

( ^ω^)「お次が待ってますお。こりゃ、キリがないね 」


わらわらと群がり始める鬼達に対し、1歩前に出て迎撃を図ろうとするブーンとドクオ。
2人の後ろから敵の大群を眺め、ショボンは顎を撫でる。


11 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:00:52.37 ID:43xCdwDW0

(´・ω・`)「一々相手してられないな。あの穴まで突っ切るぞ!! ジョルジュ!!」
  _
( ゚∀゚)「何よ?」

(´・ω・`)「せっかくの登場だ。活躍しろよ 」
  _
( ゚∀゚)「フゥムン……」


ジョルジュは1度大きく息を吸い込み、そしてゆっくりと肺から押し出す。
同時に両手を上下に広げ、大きく円を描くように回した。
背後に何らかの圧力を感じたブーンとドクオは揃って振り向く。


12 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:01:20.40 ID:43xCdwDW0
  _
( ゚∀゚)「シンイ ジョガク……」


ブーンとは違う言霊と共にジョルジュは両手で空中に大きな円を描く。
時計回りに、反時計回りに。
何度も何度も同じ軌跡を描き、円は次第に目に見え始める。

  _
( ゚∀゚)「シンオン ジョカイ!!」


そして一気に発光。
円は球となり、ジョルジュの腕の動きと共に渦を巻く。

その光の渦の回転の強さが、力が満ちた事を気付かせる。

その瞬間、ジョルジュの光は轟音と共に解放された。
ブーンの発勁によく似た、しかし桁違いに巨大な青い破魔の光線の一撃。

暴風は空気に悲鳴を上げさせた。


13 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:01:58.27 ID:43xCdwDW0

ジョルジュの目前から一直線に存在していた鬼達。
その全てが一瞬にしてかき消え、そこに大きな道が生まれた。 

  _
( ゚∀゚)「モーセのジョルジュと呼んで頂戴www」

(´・ω・`)「よし!! 穴まで走れ!!」

( ^ω^)「ツン!! 僕から離れちゃ駄目だお!!」

ξ゚听)ξ「うん!!」


ツンはブーンの真後ろにピタリと陣取った。
その左右をショボンとドクオが、足元にはでぃが、後ろにはジョルジュとクーが続く。

退魔師達はジョルジュによって一時的に開いた道を進むが、次第に左右から鬼達が群がる。
一足早く飛び出してきた鬼達を薙ぎ払い、突き飛ばし、時には打ち砕きながら穴へと急いだ。
遂に穴に辿りつき、即座に飛び込む。


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:02:16.53 ID:0+uwmNzBO
初遭遇やん。今日は良い日だ

15 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:03:04.06 ID:43xCdwDW0

ジョルジュの目前から一直線に存在していた鬼達。
その全てが一瞬にしてかき消え、そこに大きな道が生まれた。 

  _
( ゚∀゚)「モーセのジョルジュと呼んで頂戴www」

(´・ω・`)「よし!! 穴まで走れ!!」

( ^ω^)「ツン!! 僕から離れちゃ駄目だお!!」

ξ゚听)ξ「うん!!」


ツンはブーンの真後ろにピタリと陣取った。
その左右をショボンとドクオが、足元にはでぃが、後ろにはジョルジュとクーが続く。

退魔師達はジョルジュによって一時的に開いた道を進むが、次第に左右から鬼達が群がる。
一足早く飛び出してきた鬼達を薙ぎ払い、突き飛ばし、時には打ち砕きながら穴へと急いだ。
遂に穴に辿りつき、即座に飛び込む。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:03:04.69 ID:iVb36RxYO
スレタイきめぇwwwwwwwwww
厨2オナニー死ね

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:03:16.35 ID:ZX2kX4rl0
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!



早く吸血鬼の家にry読んでこないと…

18 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:04:20.07 ID:43xCdwDW0
 
しかし鬼達はすぐ背後に迫っている。
このままでは穴の中での戦闘は免れない。


(゚- ゚川 彡「………」

('A`)「っ!!」

(´・ω・`)「振り返るんじゃないドクオ!!走れ!!」

('A`)「クーがっ!!」


一瞬後ろに気を取られたドクオにショボンの怒声が飛ぶ。
ショボンにクーが何をしようとしているのか分かっていない筈がない。
ドクオは1人で鬼達の足止めをしようとするクーを放ってはおけない。しかし……


(´・ω・`)「そういう女だ!! ここはアイツに任せろ!!」

('A`)「お……、おう!!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:04:41.60 ID:OYoxijLM0
ちょうど前の読み終わったとこだぜ wktk支援

20 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:04:50.54 ID:43xCdwDW0
 
ショボンの一言。
ドクオは口を噤んだ。
自分より遙かにショボンの方がクーとの付き合いは長い。

∧_∧
(*゚;;-゚)「ふっwww。良い女じゃなぁ、ショボンwww」

(´・ω・`)「……知ってるさ 」


そのショボンの呟きは誰にも聞こえなかった。
彼らは走る。
穴の深淵へと。

21 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:05:23.97 ID:43xCdwDW0
 
彼らの背中が見えなくなるのを穴の淵で確認した彼女は、堂々と振り返る。
眼前には100をいくらか割ったがおぞましい数の鬼。
たった1人の人間の女を見て、鬼達は早くもどの部分を食らうか算段していた。


川 ゚ -゚)「さーて、ここから先は通すわけにはいかんな。
      良い妻とは、夫が仕事に集中出来るように陰ながら支えるものだからな 」


百鬼夜行達はへらへら笑いながらクーに近付いて来る。
全ての鬼がこの女は自分の胃袋に入ると確信して止まない。
ちょっと待て、とクーは手の平で鬼達を制した。


川 ゚ -゚)「先に断っておこう。
      私の名は葛葉ライドウ。デビルサマナーだ。
      この中に私の友となって共に闘う者はいないか?」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:05:47.83 ID:NHNpRWETO
ずっと気になってたが陳じゃなくて陣じゃないの?

臨兵〜のやつ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:07:32.88 ID:NMdknaUEO
今日は良作多いな
支援

24 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:07:36.63 ID:43xCdwDW0
 
鬼達はそれを命乞いと判断する。
クーは近くにいた、ニヤニヤと締まりない口から涎を垂らす1匹の鬼を指差した。


川 ゚ -゚)「おい、そこのお前。お前はどうだ?」


鬼は舌舐りで返す。
お前を食うという意思表示。
しかしクーは何ら慌てることなく『残念だ』と眉を寄せた。


川 ゚ -゚)「これだけの数だ。全員に聞くのは面倒だから、この者の答えを総意とする 」


クーは毛ほども動じることなくあっさりとそう言った。


川 ゚ -゚)「さて。では、お前達全員を殲滅しなければならないな。
      ん? そっちのお前。何を笑っている? 何かおかしい事を言ったかな?」

餌が何か戯言をのたまっている。
鬼達の目にはそうとしか映らなかった。


25 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:08:28.73 ID:43xCdwDW0
 
川 ゚ -゚)「あー。一人では『 無 理 』、だと思ってるのか……。
      ……ふっふふふwww」


クーが息を漏らし吹き出す。
それを機に、その場は蜂の巣を突いたように鬼達の笑い声が反響した。
たった1人の人間の女に群がろうとするこの世ならざるモノ達。
その狂気の宴が始まろうとしている。

しかし、その贄となる女が一緒になって腹を抱えて笑っているのはどういう事か……。


川 ゚ -゚)「はははははははーwwwww ぁ〜ぁ……」


突然笑うのに飽いてしまったかのように溜め息をつく。
身を案じてついた溜め息では決してない。


26 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:09:53.30 ID:43xCdwDW0
 
クーはこれ以上ないほどに皮肉気に唇を吊り上げこう言った。


川 ゚ -゚)「……違うんだな、それが 」


恐怖のあまり気が狂れてしまった。
そう結論付けていた鬼達は、クーの自信に溢れた表情を見て様子がおかしい事に気付く。

何か恐ろしいモノの気配を感じる。
鬼達をして背筋に冷たい物を感じさせるようなモノの気配を。

クーのスラリとした指にいつの間にか挟まれていた2本の銀筒から、途方もない力を持った何かの気配が溢れ出している。



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:10:07.03 ID:rFrcaf8+0
待ってた支援

28 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:10:30.24 ID:43xCdwDW0
 
川 ゚ -゚)「我は欲する。最果ての獣、汝の力を!!」


1本の銀筒の蓋が開き、薄い緑に光る円柱が覗く。
その光はクーの口調に比例して強さを増す。

川 ゚ -゚)「我、葛葉ライドウの名において命ずる!! 猛々しき魔獣よ、我に従いて共に戦え!!」

そして使役する友の名を呼んだ。

川 ゚ -゚)「双頭の魔犬『オルトロス』!!」


29 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:10:56.63 ID:43xCdwDW0

目視が難しいほどに力強く発光した後、光は身を震わせる魔獣の咆哮と共に飛び出した。
光が何かの姿を形作る。
それが完了する前にクーが持っていたもう1本の銀筒の蓋が開いた。


川 ゚ -゚)「憤怒の剣、黒衣の死神、闇を纏いて闇を祓え!!」


やはり薄緑に発光する銀筒。
同じように次第に光は強さを増す。


川 ゚ -゚)「我、葛葉ライドウの名において命ずる!! 誇り高き半魔の剣士、我に従いて共に戦え!!」


1つ目の光とは一線を画す気配。
最初のモノは荒々しく猛々しい野生の気配を持っていたが、こちらは極限にまで研ぎ澄まされた殺気そのもの。


川 ゚ -゚)「漆黒の巨刃『ダンピール』!!」


30 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:11:31.50 ID:43xCdwDW0

名を呼ぶと同時に飛び出す眩い緑の光の螺旋。
それは既に形となりつつあった双頭の獣の横に着地し、1つの人影を生成する。
鬼達は荒々しくも神秘的なその光景を網膜に焼きつけ、呆けたようにクーに飛びかかることを忘れていた。

∧_∧  ∧_∧
(叉)゚,, >|<,,゚(叉)「「グルルルルルルルル……」」

ノ)) - 从「………」


光が形造ったのは強烈な獣気を惜しげも無く四方八方に発する双頭の巨犬。
金色の艶やかな短い体毛、首には荒々しい緑の鬣。
それは世の果ての怪物、ゲリュオンの番犬『オルトロス』。

そして湧き出る隠し難き殺気を、無理やり押さえつけようとしている背に巨剣を背負う大男。
漆黒のマントで体を包み、無表情な顔を伸び放題の髪が隠す。
それは人を憎み、しかし憎み切れなかった悲しき半魔のダンピール『ノーマン』。


31 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:13:03.79 ID:43xCdwDW0
 
一方は絶え間なく唸り声を上げ、その口からは時たま舌の様な炎をチラチラと覗かせる。
対照的に、一方は時が止まったかのように静寂の内にある。

クーは両者の間に割って入り、尊大な表情で鬼達を見渡した。


川 ゚ -゚)「今夜の獲物はご覧の通りだ。
     良かったな、オルトロス。今日は腹一杯食え……、どうした?」
∧_∧  ∧_∧
(叉)゚,, >|<,,゚(叉)「「グルルル……。ライドウ、 オレ コイツ 嫌イ……」」

ノ)) - 从「………」

川 ゚ -゚)「?? どうしてだ、オルトロス? ほれ、私に言いなさい 」


これはいけない。
今から共に闘おうというのにチームワークが早くも崩壊の兆しを見せている。
2人の主として、クーは問題解決に立ち上がる。


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:13:08.84 ID:ijI9cfEn0
のーまんせーまん

33 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:13:43.59 ID:43xCdwDW0
 
∧_∧  ∧_∧
(叉)゚,, >|<,,゚(叉)「「オレ、前ニ コイツニ 真ッ二ツニサレタ……」」

ノ)) - 从「………」

川 ゚ -゚)「なるほど。詳しくは第一部の 『吸血鬼編その4』 の事を根に持っているワケだな。
     しかしあの時はお前だって、このノーマンを黒焦げにしようとしたじゃないか。
     闘ってたんだからお互い様だ。ホラホラホラ、機嫌を直せ 」
∧_∧  ∧_∧
(叉)゚,, >|<,,゚(叉)「「吸血鬼編? グゥゥゥゥ……、何ノ事カ ワカラナイ。ソレニ…… 」」

川 ゚ -゚)「それに?」
∧_∧  ∧_∧
(叉)゚,, >|<,,゚(叉)「「コイツ イタラ オレガ 食ウ分 減ル……」」
  _, ,_
川 ゚ -゚)「おいおい、オルオルちゃん。これ全部お前だけで食うつもりか?
     少しはノーマンに手伝ってもらわんと余るぞ?」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:14:49.64 ID:ijI9cfEn0
  _
( ゚∀゚)「ノーマン・・・なかなか良い筋肉してるじゃなぁいwww」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:15:06.00 ID:p/tat/CnO
ktkr

36 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:15:11.87 ID:43xCdwDW0
 
はっはっは、馬鹿なこと言ってるぞ。何とか言ってやれよ。
クーはそんな顔をしてノーマンの肩を大げさに叩いた。


ノ)) - 从「……オレはこんな物は食わん。全部お前が食えばいい 」
∧_∧  ∧_∧
(叉)゚,, >|<,,゚(叉)「「!! 本当カ!?」」

川 ゚ -゚)「食わないのか? まぁ良かったな、オルトロス 」
∧_∧  ∧_∧
(叉)゚,, >|<,,゚(叉)「「良カッタ。オ前 良イヤツ 」」

ノ)) - 从「………」


ノーマンは釈然としない点を多々感じていたが、その性格上黙っておくことにした。


37 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:15:38.18 ID:43xCdwDW0
 
代わりに背に負った巨大な剣を片手で引き抜き眼前に構える。
その剣は電話帳程もある厚みと、ノーマンの巨大な身の丈に迫る長さを持つ。
切る事より叩き潰すことを目的とした、狂った鉄の塊だった。

忘れる所だったとクーは再び鬼達に視線を向ける。
相手は百鬼夜行。
対してこちらはたったの2人と1頭。
圧倒的に数の利は相手にあったが、それでもクーの顔には勝利の確信が浮かんでいた。


川 ゚ -゚)「じゃ、やろうか。ルールは簡単。コイツらを1匹もこの穴の中には入れない 」

ノ)) - 从「あぁ……」
∧_∧  ∧_∧
(叉)゚,, >|<,,゚(叉)「「オレサマ オ前ラ……」」


その瞬間、オルトロスは全身の筋肉を一瞬にして引き絞る。
そして雄叫びと共に前方への爆発的な跳躍。
そこに居た鬼の群れに、2つの大口を限界まで開いて飛びかかった。

∧_∧  ∧_∧
(叉)゚,, >|<,,゚(叉)「「 マ ル カ ジ リ !!!!!!」」


  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼


38 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:16:12.08 ID:43xCdwDW0
 
  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲

後ろの敵をクーに一任し、退魔師達は走る。
これといった光源も無いが、薄ぼんやりと周囲を黙視することが出来た。
そこは壁も地面も薄い靄のようなはっきりしない物で出来た道だった。
しかし踏みしめる足にはしっかりとした感触がある。

かなりの距離を過ぎたはずだが、中々景色が変わる気配はない。
とはいえ、一心不乱に走っていた退魔師達は、特に息を切らしてもいない。


( ^ω^)「ところでジョルジュさん。呪禁道って、もしかして式鬼の呪禁道ですかお?」
  _
( ゚∀゚)「まぁ、勉強家ねwww。でも、モチロンそれだけじゃないわよwww」

('A`)「式鬼って言やぁ、前にブーンが使ってた折り鶴の事か?」


39 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:16:51.55 ID:43xCdwDW0
  _
( ゚∀゚)「あらヤダ。誰に教わったの?」

( ^ω^)「おっおっおwww。我流ですお 」
  _
( ゚∀゚)「へぇ〜……。我流ねぇ……」

(´・ω・`)「………」


誇らしげにニヤつくブーンを見て、ジョルジュは意味ありげな視線をショボンに向けた。
ショボンはそれを受けるも、無言を返答とした。
答えはそれで十分とばかりに、ジョルジュは再び前を向く。


40 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:17:31.93 ID:43xCdwDW0
 
突然周囲を覆っていた靄が晴れる。
出口を潜ったわけではなく、雲が晴れるように突然。


ξ゚听)ξ「道はここまで、か。代わりに入口が4つ。そして……、何かしらコレ?」
∧_∧
(*゚;;-゚)「嫌な臭いじゃ……」


そこは石を組み合って作った円形の無機質な部屋で、
篝火がぽっかりと黒い口を開けた4つの横穴の前で煌々と燃えていた。
4つの入口はそれぞれの対角線が中央を通るように配置され、
退魔師達が一先ず歩を止めた部屋の中央には、
掌の様な平らな石を積み上げた小さな塚の様な物が鎮座している。

  _
( ゚∀゚)「U〜HUN♪」

(´・ω・`)「ジョルジュ。これが何だか見当がつくか?」


この場に到着した時から、あれやこれやと見て触っていたジョルジュが身の毛もよだつ笑みを見せる。
もっとも本人は至って普通に微笑んだだけだったが。


41 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:19:35.11 ID:43xCdwDW0
  _
( ゚∀゚)「四鬼が作り出した結界ね。
     4匹の鬼、それぞれが結界を解くカギになってる。
     結界が解ければここが開いて、その奥―――多分、モララーのいる所に行けるってわけ 」

( ^ω^)「全部締め上げてやればいいんだお 」

('A`)「よ〜し!!じゃ、全員で行って1つずつ―――」


それを聞き、よし来たと早速屈伸などの準備運動を始める者が2人。
しかしその目論見は否定されることとなる。

  _
( ゚∀゚)「ダメよ。この穴の中には1人だけしか入れない。
     藤原千方、自慢の4匹の鬼達とタイマンってわけ 」

( ^ω^)「それならツンはここで……」
  _
( ゚∀゚)「それもダメ。
     結界の入口が開いてるのは、4匹の鬼を全員倒してから物の数分ってとこでしょうね。
     開いたらすぐに突入できるように、ここで待機する人間が必要よ。
     強力な術師でもいれば無理やりこじ開ける事も可能だけど、この面子じゃ厳しいわ。
     つまり……」


ブーンが不安気な表情をしてツンを見た。
当のツンはジョルジュの話に聞き入ってブーンの視線に気づかない。
ツンのここでの為すべき役割を理解したブーンは、一心にジョルジュの話に聞き入るツンを見てやりきれない気持ちを抱いた。


42 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:20:27.23 ID:43xCdwDW0
  _
( ゚∀゚)「四鬼を従わせる『何か』を持ったモララーと、戦う事が出来る者がここに残らなければならない。
     恐らく1番危険な仕事よ。女の子に任せるつもり?」

(; ^ω^)「う……。ということはツンは……」

(´・ω・`)「戦わなければならない。1人で、だ 」

(; ^ω^)「……」

ξ゚听)ξ「……」


ツンは言うべき言葉を迷っていた。
自分が戦う事になる事は、元々覚悟してこの場に来ているから特に問題はなかった。
今の話を聞いて、自分の事のように青褪めているブーンにかける言葉を迷っていたのだ。


ξ゚听)ξ「何心配そうな顔してんのよ!! 私なら大丈夫!!」


いつも通りの快活さ。
これがツンの選択だった。


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:21:18.66 ID:ijI9cfEn0
ツンかっこいい支援

44 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:24:15.76 ID:43xCdwDW0

('A`)「で? 後は誰が行く?」
  _
( ゚∀゚)「私は残るわ。鬼の力を悪用する奴はぶっ飛ばしてやらなくちゃwww」

(´・ω・`)「あぁ、ジョルジュはな、鬼と人間のクォーターだ。
      ご先祖様は一族の首領だったか? そういうわけで、悪行を働く鬼専門の退魔師なんだよ 」
  _
( ゚∀゚)「まぁ、それは建前で最近は他にもやってるけどねwww」


それを聞き感心したかようにドクオがジョルジュを改めて観察する。
見た目の奇抜さにばかり捉われていたが、確かに隆々とした筋肉とその巨体からは人間以上の凄まじさを伺わせる。
でもどうしてオカマなんだ?

∧_∧
(*゚;;-゚)「ワシは行こう。都を荒らした鬼とやらに、特に1番強いのに興味がある 」

('A`)「オレもこっちだな。1人でどこまでやれるか試してみたい 」


45 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:24:48.20 ID:43xCdwDW0

(; ^ω^)「僕は……」

(´・ω・`)「お前は残れ、ブーン 」


一歩出ようとするブーンをショボンが静かに制した。
その時、ショボンはジョルジュに視線を移す。

  _
( ゚∀゚)「………」


視線をジョルジュからブーンに戻し、ショボンはその前に出る。

(´・ω・`)「お前なら初めてのコンビでも臨機応変に戦える。4人目はオレだ 」
  _
( ゚∀゚)「よろしくね、ボウヤwww」

(;^ω^)「はいですお……」

無理やり押し切られてしまったような理不尽さが残る。
自分にも言いたい事はあるのに言えないもどかしさ。
ブーンは自分から離れて、各々これと決めた4つの入口の前に向かう仲間たちの背中をただ眺めていた。


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:26:29.71 ID:p/tat/CnO
アッー

47 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:26:35.47 ID:43xCdwDW0
∧_∧
(*゚;;-゚)「さて、ワシはこの穴にするかのぅ。どの鬼に当たるか楽しみじゃ 」

ξ--)ξ。o ○(大丈夫!! 大丈夫!! 大丈夫!!)

(´・ω・`)「ドクオ、分かってるだろうな?」

('A`)「『死ぬ気で』、とか馬鹿な事は思わねぇよ 」

(´・ω・`)「分かってるならそれで良い。もし危なくなったら……」

('A`)「なんだよ?」

(´・ω・`)「逃げろ 」

('∀`)「……ちっ。分かったよ……」


ドクオはニヤリと笑い、了解の意思表示をするように握った拳で軽くショボンの肩を叩いた。
そしてしこたま蹴り上げられた。


48 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:27:01.49 ID:43xCdwDW0
 
(´・ω・`)「……行くぞ 」

(#)A`)「おう!!」
∧_∧
(*゚;;-゚)「ふっふっふwww。前足が鳴るのぅwww」


3人が穴の中に入るや否や、突然入口に靄が立ち込める。
これ以上の侵入は許さないという事だろうか。
いよいよツンが1人で仕事を成し遂げなければならない事を自覚したブーンは、後ろ髪引かれる思いだった。


(; ^ω^)「ツン、気を付けるんだお 」

ξ゚ー゚)ξ「分かってる。心配しないで 」


他意の無い笑顔を見せて穴の中に入っていくツン。
しかしその笑顔には、どこか覚悟から来る緊張感が浮かんでいた。


49 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:27:58.48 ID:43xCdwDW0
 
(´・ω・`)「……行くぞ 」

(#)A`)「おう!!」
∧_∧
(*゚;;-゚)「ふっふっふwww。前足が鳴るのぅwww」


3人が穴の中に入るや否や、突然入口に靄が立ち込める。
これ以上の侵入は許さないという事だろうか。
いよいよツンが1人で仕事を成し遂げなければならない事を自覚したブーンは、後ろ髪引かれる思いだった。


(; ^ω^)「ツン、気を付けるんだお 」

ξ゚ー゚)ξ「分かってる。心配しないで 」


他意の無い笑顔を見せて穴の中に入っていくツン。
しかしその笑顔には、どこか覚悟から来る緊張感が浮かんでいた。


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:28:28.02 ID:43xCdwDW0
 
靄がかかり次の侵入者を拒絶するツンが入って行った入口。
そこを茫然自失と見続けるブーン。
その背中にドン、とジョルジュの分厚い胸板が当たる。
  
  _
( ゚∀゚)「なによボウヤwww。あの子の事好きなの? 羨ましいわwww」

(; ^ω^)「ちっちちっち、違うお!! そんなこと全然ねーお!!
      誰がいつ僕がツンの事が好きだって言ったんだお!!
      ソースあんなら今すぐ晒せお!!」
  _
( ゚∀゚)。o ○(どこの小学生よwww)


  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼


51 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:29:58.26 ID:43xCdwDW0
 
  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲

長かったのか短かったのか……
来た時と同じ靄に包まれた、不思議な距離感の1本道。
その靄が突然晴れたとき、ショボンはドーム状の天井を持つ空間に立っていた。

 
(´・ω・`)「………」

 
無言で周囲を見渡す。
地面の感触。これは自分が良く知っている何の変哲も無い土の様に思える。
空間の広さ。円形で、一般的な学校のグラウンドの広さに近い。

光の差し込む窓も、火などの光源も無いが不思議と明るい。
それがこの場所がこの世に存在し得る場所ではない事を如実に物語っていた。

ショボンはさして警戒する様子も無く、大股で堂々と10m程適当に歩いた。
そして確信した。


52 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:30:22.09 ID:43xCdwDW0
 
(´・ω・`)「……いつまで隠れているつもりだ?」



―――居る。



姿は見えないが間違いなく自分に殺気を向けている何者かが。

それを証明するかのように、ショボンの周囲の地面が、突如盛り上がる。
土を削る音が大きく響き、地中を何かが動いている。
その軌跡は大蛇のようなうねりを形成し、遂にその先端から金色に輝く何かが恐ろしい速さで飛び出した。

 A_A
爪゚Д゚)「ヒャァッハァー――――ッ!!」


それは飛び出した勢いに任せ、ショボンに土の欠片を目くらましに自身の腕を振りかざした。
ショボンは飛び散る土片は一切無視。
半歩だけ下がり腕による攻撃を回避する。


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:30:35.79 ID:p/tat/CnO
支援

54 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:31:03.81 ID:43xCdwDW0
 
見上げると、襲撃者が10数m上の天井を蹴り付けて居る所だった。
ショボンと正対するように着地する。

ショボンはスーツについた土汚れを払いながら、まじまじとそれを観察した。

金色に輝くメタリックな皮膚。
鋭い2本の角に、赤く充血し強烈に釣り上った両目。
土の中を自在に移動していた事実。

藤原千方の四鬼の中でこれに該当する者は……


(´・ω・`)「ちっ……金鬼か。ハズレだな 」
 A_A
爪゚Д゚)「ヒヒャッ!!ハズレもハズレ。大ハズレだぜぇ!!
     この金鬼様の道に進んだとなりゃ、行きつく先は1つ。オレ様の胃袋の中よ!!」


金鬼はショボンの体を爪先から頭頂まで舐め回すように眺めた。
わざわざ獲物の方から飛び込んで来てくれたとしか認識していない。
しかし、この場に居る2人の間には思考にバラつきがあった。


55 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:31:39.21 ID:43xCdwDW0
 
(´・ω・`)「穏形鬼を狙ってたんだが……。仕方ない。この小物で我慢するか 」
 A_A
爪゚Д゚)「な……、小物だと……!!」


金鬼はそれを聞き絶句する。
獲物たる人間から、心底取るに足らない物として見下げられている。
ショボンは面倒臭そうに無言のまま冷淡な目で眺め続けていた。

 A_A
爪゚Д゚)「付け上がってるんじゃねぇぞ、人間風情が!!
      明日の朝にはテメェはオレのクソになる運命d―――」


ショボンのあまりにも不遜な態度に怒り狂う金鬼。
その怒号が突然遮られる。


(´・ω・`)「ピーピー五月蠅いんだよ、この小物が 」


ショボンは刀を鞘にゆっくりと収めながら、胴に居合による一閃を受け、地に沈む金色の鬼を見下ろした。


56 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:32:07.26 ID:43xCdwDW0
 
(´・ω・`)「さて、他は首尾良くいってるかな?
      でぃさんは余裕だとして……、ツンもいけるだろ。
      心配なのはドクオだな 」


とは言え自分にはどうする事も出来ない。
ここで泣いても喚いてもドクオが有利になるわけでもないし、単純に力を信じるしかなかった。
実際、それで何とかなると楽観視もしていた。


(´・ω・`)「で? お前はまだ死んだフリを続けるのか?
      まさかオレが油断して背中を向けるまで、そのままでいるつもりじゃないだろうな?」


つまらない事はするな……
その声音にはそう言う意思が込められていた。

沈黙。
ショボンは沈黙のままに倒れたままの金鬼に刺すような視線を向け続けている。

微かにせせら笑いが聞こえ始めた。
最初は控えめに、次第に図々しく、そして遂には腹立たしい程の馬鹿笑いに変わる。

 A_A
爪゚Д゚)「うへへへへへwww。何だよ。
     せっかく苦しまないように、後ろから一思いに食ってやろうと思ってたのによwww」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:32:26.77 ID:ijI9cfEn0
しえn

58 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:32:44.02 ID:43xCdwDW0
 
嫌らしい笑みを浮かべた金鬼がゆっくりと立ち上がる。
両手を胸の前で組み、一瞬、力を込めるような仕草。
その瞬間、手の甲から見るからに凶悪な金属の爪が飛び出した。

これでショボンを料理するつもりなのだろう。
必要以上に恐怖を植え付けようと、両手の爪をこれ見よがしに見せつける。


(´・ω・`)「『 人 間 風 情 』 相手に死んだふりとは、随分な念の入れようだな。
      どうした? 面と向かって戦う度胸がないか?」
 A_A
爪゚Д゚)「何だと、この餌が!! お前ら人間は全員オレの餌だ!!
     目玉を刳り抜いてしゃぶりながら、舌を抜いて、鼻を食い千切って、
     生きたまま腸を抉り出して、心臓の鼓動に合わせて咀嚼してやる!!」

(´・ω・`)「そういうのを負けフラグという 」


一切の動揺を見せないショボン。
頭に血が上り罵詈雑言を吐く金鬼。
しかし、金鬼は圧倒的に有利な点を思い出し再び高慢な態度に戻る。


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:32:53.97 ID:OkhvnU1y0
━╋←これなに

60 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:33:12.03 ID:43xCdwDW0
 
 A_A
爪゚Д゚)「フンッwww。それはそうとさっきのお前の攻撃、痛くも痒くもなかったぜぇwww。
     人間の刀じゃオレの肌は切れねぇwww。
     お前は為す術もなく食われる運命なんだよwww」

(´・ω・`)「金鬼の名は伊達じゃない……か。外皮が金属とはな 」


ショボンとした顔でショボンが言う。
それを見て勝利を確信し、付け上がる金鬼。
しかし残念ながら、ショボンに関しては顔がショボくれていても『 何 ら 問 題 は な い 』。

 A_A
爪゚Д゚)「命乞いでもしてみろよ、人間。場合によっては楽に殺してやっても―――」

(´・ω・`)「まぁ、大したアドバンテージじゃないな 」
  A_A
爪#゚Д゚)「決まりだ……。テメェはオレに食われながら死ぬ!!」


何ら問題はない。

ショボくれた顔はいつも通りだ。


  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼

61 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:36:45.44 ID:43xCdwDW0
 
  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲


ドクオは目の前に立っている青い肌の何者かと正対し、戸惑っていた。
額には1本の角、顔面には目や鼻や口等のあって当然の器官がない。
代わりに向こう側が丸見えの大きな穴が開いている。

明らかに人間ではない。
しかし一向に襲ってくる気配も殺気も無い。


('A`)「どーも 」
A
| (◎) |「やぁ 」


思いの外、それは優し気な声をしていた。
やりにくい。それがドクオの第一印象。
溢れんばかりの殺気を振り撒いて襲いかかって来られた方がずっと良い。


62 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:37:03.21 ID:43xCdwDW0
 
('A`)「あー……、オレが何しに来たのかは分かってるよな?」
A
| (◎) |「モチロン 」

('A`)「アンタ、4匹の鬼の中の1匹だよな?」
A
| (◎) |「そうだよ 」

('A`)「ちょっと私用でね、オレはアンタをぶち殺さなきゃならんのよ 」
A
| (◎) |「それは困るね 」


鬼は鬼でも良い鬼かもしれない。
ドクオの中ではそういう考えが生まれ始めていた。
お互いに妥協して歩み寄ることが出来るかもしれない。


63 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:37:21.96 ID:43xCdwDW0
 
('A`)「アンタ、話が分かりそうだ。
    もし良かったら、自主的に封印解いてくんねぇかな?
    それならお互い痛い思いしなくていいし、何より早く事が済む。」
A
| (◎) |「封印を? 僕が解く?」


感じる雰囲気は全く変わらない。
しかしこの先、ドクオは自分達は相容れない存在であると知る事になる。

A
| (◎) |「どうして餌の要望を聞き届けてやらないといけないんだい?
     食い殺されるんだ。
     誰にでも体験できることじゃない。楽しんでよ 」

('A`)「何だ。やっぱり話は分からんか 」
A
| (◎) |「人間も牛や豚の話は分からないだろ?」

('A`)「まーな 」


64 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:37:46.13 ID:43xCdwDW0
 
適当な返事を返しながら、ドクオは脳内のスイッチを切り替える。
こういう思考をする相手だ。
これから数分、あるいは数秒の内に戦いは始まる。

A
| (◎) |「自分が食われる側に回ると、途端に泣き叫びながら止めてくれと許しを乞う。
     人間の悪い所だよ 」

('A`)「別にオレは泣いても叫んでもないけどな 」


ドクオは左足を前に出し半身となる。
密かに爪先に力を入れ、地面を強く踏み締めた。
素早く一気に距離を詰めるためだ。


('A`)「それに、人間は牛や豚とは違う。黙って食われると思ってたら……」
A
| (◎) |「思ってたら?」

('A`)「噛み付くぜ?」


  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼

65 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:38:04.55 ID:43xCdwDW0
 
  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲

 A_A
爪゚Д゚)「うりゃっ!! うりゃっ!! うりゃっ!! うりゃっ!!
     ひゃー―っはぁっ!!!!」

(´・ω・`)「……」


金鬼の猛攻。
両拳から生えた爪の猛威もさることながら、体術に関しては相当の自信があるようだ。
金属の硬質性と質量を考慮すれば、その脅威は推して知るべしだ。

 A_A
爪゚Д゚)「どうしたどうしたぁ!? ずいぶん大人しくなっちまってよ!!
     さっきみたいな口をきいてみろよwwww」

(´・ω・`)「……」
 A_A
爪゚Д゚)「今になって後悔してるんじゃねぇだろうな?
     安心しろよwww。予告通り生きたまま食ってやるよwww」


ハンマーの一撃の様な蹴りをかわし、岩をも引き裂く爪の斬撃を刀で捌く。
口先では小物臭が漂っていたが、そこはやはり鬼。
人間を遙かに超える身体能力から繰り出されるのは嵐の様な斬撃、打撃。

66 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:38:25.96 ID:43xCdwDW0
 
(´・ω・`)「セオリーだ 」
 A_A
爪゚Д゚)「あん?」


ひたすら無言のままに攻撃を凌ぎ続けていたショボンがボソリと呟く。
金鬼もこれに反応するが攻撃の手を緩める事はない。
せいぜい命乞いでもするのだろうと思っていた。


(´・ω・`)「セオリーだよ。お前のような体中のどこも傷付けられない金属野郎はな……」
 A_A
爪゚Д゚)「ガッ……!!」


一瞬の内に金鬼の口から冷たい刀の刀身が生えていた。
荒れ狂う猛攻を物ともせず、ショボンは疾風の様な突きを寸分の狂いも無く金鬼の口中に突き刺したのだ。


(´・ω・`)「口の中が切れる。そのベラベラと良く動く口の中がな 」


67 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:38:46.20 ID:43xCdwDW0
 A_A
爪 Д )「カッ……カハッ…!! 」


徒手空拳の弾幕の中、その全てを凌ぎ切り、たった1度の反撃を成功させる。
相当な技術を要する芸当だったが、ショボンは大して表情も変えない。
自身はこの程度の事はやって当然の事だと思っていた。


(´・ω・`)「流石に金属の皮膚は貫けないか。
      全く……。つまらない相手だった 」
 A_A
爪 Д )「カッ……カッ……」

(´・ω・`)「ん?」


ショボンは金鬼の喉から刀、『妖刀百足丸』を引き抜こうと力を込める。

しかし―――、抜けない!?

 A_A
爪゚Д゚)「カカカカカカカカカッwwwwww」

(´・ω・`)「コイツは……」


68 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:39:04.89 ID:43xCdwDW0
 
妖刀の刀身は、金鬼によってがっしりと噛み締められていた。
それを緩めて刀が抜ける。
代わりに鬼の表情は愉悦に歪んだ。

 A_A
爪゚Д゚)「セオリーwww? 口の、中が、切れるwww?
     クククク……、ヒャハハハハハ!!!!」

(´・ω・`)「……なるほど。『金鬼』とは良く言ったものだな。
      全身余す所無く金属という事か……」
 A_A
爪゚Д゚)「クックックwww。 絶望的だなwww。
     1つだけ教えておいてやる。
     オレはな、今まで1度も痛みというものを感じた事がない。
     傷付けられた事がないからだwww」

(´・ω・`)「ふぅ〜ん……」
 A_A
爪゚Д゚)「何呆けた面してやがる? あ?
     オラwww。もっと抵抗して―――」


69 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:39:26.05 ID:43xCdwDW0
 
ショボンは引き抜いた刀を地面に突き刺す。
そして空いた手で、ジャケットの内側から銃を出した。

ベレッタM92。
その扱い易さから、アメリカ軍を始めとする幅広い層に使用されるオーソドックスな拳銃。


(´・ω・`)「まぁ……」


銃を片手で操作する。
カチャ、という無機質な音と共に装填していたマガジンが地面に落ちた。


(´・ω・`)「大した……」


そして新たなマガジンを取り出し、装填。
それは計15発の破魔弾丸が込められた退魔行専用のマガジン。
ショボンはトリガーに指をかけ、真っ直ぐに銃口を金鬼に向けた。


(´・ω・`)「アドバンテージじゃない、な 」


  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼

70 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:43:47.10 ID:43xCdwDW0
 
  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲


('A`)「……ふっ!!」
A
| (◎) |「っ!?」


ドクオが一歩踏み込む。
強烈な踏み込み。
その踏み込みが終わると同時に逆の足が踏み込む。
その爆発的な猛進はドクオと風鬼の間を瞬時に埋めた。


('A`)「らぁっ!!」


スピードに乗せたドクオの右フックが、風穴の開いた鬼の顔面を襲う。
人相手に油断していたのか鬼は判断が一瞬遅れた。

しかしそこは人間と魔。
一瞬程度の時間は致命的なミスにはならない。
風鬼は上体を最小限の動きで後ろに反らし、ドクオの拳をかわす。


71 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:44:14.50 ID:43xCdwDW0
A
| (◎) |「驚いたよwww。人間がこんなに速k―――」


嘲笑交じりの声を拳を振り抜いたドクオの背中に投げつけようとした時、鬼はここで真の意味での判断ミスに気付く。
今この瞬間、ドクオの顔を追ってしまったことにより生まれた死角。
見えないが超至近距離から自分に向って何かが猛烈に迫っている。

ドクオは始めから拳の一撃は『避けられていい』と思って出していた。
何故なら……


('∀`)「へっ!!」


ニヤリと口の端を伸ばして直ぐにその場を飛び退く。
次の瞬間、ドクオが居た場所は水鬼の凶悪な金棒に抉られていた。
そしてそこに続いて落ちるのは赤黒い液体―――鬼の鮮血。


―――ドクオは始めから拳の一撃は『避けられていい』と思って出していた。


何故なら……

何故なら、後に続くコートの裾に仕込んだ、鋸状の刃の斬撃こそが本命の一撃だったから。


72 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:44:30.51 ID:43xCdwDW0
 
鬼の金棒が届かないだけの距離を取り、ドクオは表情を引き締め敵を観察する。


('A`)。o ○(チッ……。これくらいじゃ動じねぇってか)


風鬼はドクオを追う事もなく、切られた胸の傷を金棒を持っていない方の手でなぞっていた。
一通り傷を弄ぶと、ドクオの方に顔を向ける。
目も鼻も口も無い、ただ大きな穴だけが開いている顔を。

A
| (◎) |「良いコートだねwww」

('A`)「ハンドメイドのビンテージだからな。貰いモンだけど 」


ドクオは密かに舌打ちする。
今の鬼の口調。
大したダメージになっていない事を理解するのに十分だった。


73 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:44:46.38 ID:43xCdwDW0
A
| (◎) |「傷を負うのも久しぶりだ。おいでよ。君にも怪我させてあげる 」

('A`)「怪我で済むのかよ?」
A
| (◎) |「さぁ?それはキミ次第だな。フフフ……」

('A`)「へっへっへ。アンタの声、口もねぇのに一体どこから出てるんだ?」
A
| (◎) |「どこだと思う? フフフフフフwwwww 」

('A`)「見当も付かねえよ。へっへっへっへっへっへwwwww 」


両者は相対して笑う。
そして互いに心得ている。
この笑みはすぐに終わる。

ドクオはコートの内側に手を入れた……


('A`)「コイツはサービスだ!!」
A
| (◎) |「火!?」


ドクオがコートから手を出した時、数枚の札がその手に握られていた。
それを風鬼に投げつける。
不動明王真言が込められたその札は、瞬く間に燃えだし風鬼の目の前に広がった。


74 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:45:02.62 ID:43xCdwDW0
A
| (◎) |「小賢しいよ!! ちょっとビックリしたけどね!!」


しかし風鬼は動じない。
自らを焼き尽くさんと迫りくる炎を、手にした金棒で横に大きく薙ぐ。
恐るべき力を秘めたその横薙ぎは、燃え盛る炎すら空気と共に切り裂いた。


('A`)「ナイススウィング。横腹が御留守だぜ 」
A
| (◎) |「なっ!?」


オーバーモーションで武器を振るった代償か、がら空きになった風鬼の懐にドクオが飛び込んでいる。
ドクオは炎を投げつけると同時に駈け出していた。
炎に阻まれ、風鬼にはドクオの姿が見えなかったのだ。

即座に反撃に転じようとする風鬼の目の前で、ドクオが大きく身をかがめる。
瞬間、飛ぶような瞬発力で地面を蹴り、天を貫くような肘を風鬼の脇腹に突き刺した。


75 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:45:17.29 ID:43xCdwDW0
A
| (◎) |「っ!!」

('A`)「まだだっ!!」


思わず手にした金棒を取り落とし、よろける風鬼にさらに詰めよるドクオ。

右の掌を自分の頭の上にある鬼の顎に叩きこむ。
伸びあがった鬼の腹に左右のボディーブローを1、2、3、4、5!!
くの字に折れ曲がる鬼の体。
下がった頭を強烈に蹴り上げる。
強引に体を起こされた鬼はヨロヨロと2〜3歩後退した。
しかしドクオは距離を取ることを許さない。

更なる追撃を加えるために詰め寄る。
その時―――

A
| (◎) |「捕まえたwww」

('A`)「ち……。効いてねぇのかよ。冗談きついぜ 」


がっしりと掴まれたドクオの両手には、鬼の力がひしひしと伝わって来る。
締め付ける鬼の力は、自分の手をこのまま握り潰す事など造作もないだろう。
向き合う形で拘束されるドクオに顔を近づけ、鬼は飄々と喋り出した。


76 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:45:34.03 ID:43xCdwDW0
A
| (◎) |「効いてない事もないよ。かなり痛かった 」

('A`)「それを聞いて安心したよ。全く無駄ってワケでもないんだな 」
A
| (◎) |「君が死ねば全ては徒労に変わる。結局は無駄さ 」

('A`)「え〜〜〜。それは困る〜〜。ウチの上司に怒られちまう 」
A
| (◎) |「フフフwww 君は中々面白いね。気に入ったよ。命だけは助けてあげる 」

('A`)「お、ホント?」
A
| (◎) |「でも代わりにこの癖の悪い両手は貰うからね 」

('A`)「舐めてんのかテメェ? 手が無くなったらどうやってオナニーするんだよ?」
A
| (◎) |「床にでも擦りつけなよwww」


軽い口調とは裏腹に、風鬼の両手が万力のように締まる。
ミシミシと嫌な音を自分の両手が発しているのをドクオは聞いた。


77 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:46:01.42 ID:43xCdwDW0

('A`)「ねぇ?」
A
| (◎) |「何?」

('A`)「足はいいの? オレの足も相当曲者だよ?」
A
| (◎) |「足は許してあげるよ。歩き辛いだろ?」

('A`)「あっそう。オレは言ったからな。足も癖が悪いって 」
A
| (◎) |「?」


ドクオは右足を1度上げると、踵で強く地面を踏んだ。
嘲笑を漏らしながら、何事かとその様子を見つめる風鬼。
バネが弾けるような音。そして気付く。
ドクオの靴の爪先から、さっきまでは確かに無かった輝く刃が生えている事に。


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:47:36.26 ID:TlbKuVWB0
猿大丈夫?

79 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:47:58.50 ID:43xCdwDW0
  A
| (◎) |「……何これ?」

('A`)「これ?」


2人でドクオの靴からたった今飛び出した刃を見ながら風鬼が呟く。
次の瞬間ドクオの右足が跳ね上がった。


('A`)「暗器だよ!!」
  A
| (◎) |「ちょっ!!」


とっさに拘束していた両手を離し、距離を取る事でその蹴りは回避出来た。
しかしドクオは距離を取ることを許さない。
風鬼に自分の射程距離の外に出る事を許さない。
瞬時に詰め寄り追撃を加える。

  A
| (◎) |「ちょっとその手のは何っ!?」

('A`)「これも暗器!!」


ドクオのコートの袖から、拳をぐるりと囲むような形で数本の刃物が覗いている。
両手両足の斬撃は鬼を少なからず震撼させた。
先ほど武器を落とした鬼は、その全てを素手で捌かなければならない。


80 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:48:18.54 ID:43xCdwDW0
 
致命的な一撃は避けてはいるものの、僅かに裂かれる皮膚。
その痛みから、鬼はこの刃物の全てが退魔の刃であることを理解する。
まともに貫かれれば命はないだろう。

  A
| (◎) |「こんなっ!! 事ならっ!! 足から貰っておけばっ!! 良かったなっ!!」

('A`)「サービスタイムは終わりですぅ〜!! 欲しけりゃ自分で毟り取りな!!」


ドクオの雨のように降り注ぐ攻撃を捌き、避けながら鬼は言う。
一方的に攻撃を受け続け、自然に後退させられる鬼。
そして鬼は背中に岩の感触を受ける。


('A`)「後がねぇぜ!?」
  A
| (◎) |「う〜ん、そうみたいだね 」


ドクオの攻撃は止まらない。
逃げ場を無くした風鬼はそれでもドクオの攻撃を捌き続ける。
しかし後退を許されない状況から、明らかに今までより深く切りつけられていた。
致命傷を受けるのは時間の問題だった。


81 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:48:36.29 ID:43xCdwDW0
 
('A`)「正直助かったぜ。アンタを倒すのは重要な仕事だったんでな。
    これで結界の封印は1つクリアだ 」
  A
| (◎) |「………」


ドクオは左のフックを受け流される。
しかし同時に、体を大きく右に捻り込む。
刹那の溜めと同時に強烈に反転。
遠心力を利用し、ドクオのコートの止めの斬撃が風鬼を切り裂かんと襲う。


('A`)「え……?」
  A
| (◎) |「………」


気が付くとドクオは仰向けに天井を見ていた。
必殺の間合いとタイミングで鬼を切り裂いたはず。
しかし、切り裂かれ膝をつく鬼を見ているはずの自分の方が、今は何故か地面に転がっている。


82 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:48:52.16 ID:43xCdwDW0
 
目を離してはいない。
決して目を離してはいない。
鬼はあの瞬間、ぴくりとも動いてはいなかった。

こちらを向いていただけだった……

  A
| (◎) |「少し君を侮りすぎたかな?」

(;'A`)「は?」


壁際に押しやられ、ドクオの前に為す術がなかった鬼がゆるりと声を出す。
ドクオは瞬時に跳ね起き、戦闘の態勢を取る。
背筋に寒い物を感じながら鬼の言葉を聞いていた。

  A
| (◎) |「そういえば自己紹介がまだだったよね?」

(;'A`)「………」


鬼の声音は落ち着いている。
いきなり飛びかかってくるような素振りはない。


83 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:49:08.72 ID:43xCdwDW0
  A
| (◎) |「僕は藤原千方の四鬼が一角・『風鬼』」

('A`)「風……鬼?」
  A
| (◎) |「そう、風鬼 」


ドクオは理解する。
自分を吹き飛ばした物を理解する。
そして鬼の顔面に何故あのような大穴が開いていたのかも同時に理解した。

これは風穴だ……。
風を吹き出す……風穴。

  A
| (◎) |「覚悟はいいかい? 今からは僕も本気だ。悪いけど殺してしまうかもしれない 」

('A`)「何だよ……。やっぱり手を抜いてやがったか……」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:49:08.91 ID:ijI9cfEn0
しえn

85 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:49:24.74 ID:43xCdwDW0
 
全てを理解し、ドクオは逆に腹を括った。
今更泣き喚いた所で相手が弱くなるわけでもない。
相手が強いなら自分がそれを上回ればいいだけの事。

風鬼の風穴に空気が収束していく。
足元の細かい砂礫が舞い上がり、恐ろしい速度で風鬼の元へと吸い込まれていく。


('A`)「来いよ!!」
  A
| (◎) |「君の事は……しばらく覚えておくよ 」


風鬼がそう言うと、風穴への空気の収束が止まった。
一瞬の静寂。


―――そして、烈風が吹き荒ぶ―――



  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼

86 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:49:45.01 ID:43xCdwDW0

  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲

  A_A
爪;゚Д゚)「………」

(´・ω・`)「うらうらうら……、よいしょ。うらうらうらうら……」


金鬼は弾幕の中戸惑っていた。
ショボンの手に握られている拳銃。
見た事はないが恐らく攻撃のための武器だろう。

しかし、金属質の体を持つ金鬼にとって、この武器の攻撃は痛くも痒くもない。
何も感じない、一切のダメージがないのだ。
それを相手も分かっているはずなのに一心不乱に撃ち続けている。

  A_A
爪;゚Д゚)「何やってんだテメェ……?」

(´・ω・`)「う〜らうらうら……。ん? 攻撃に決まってるだろ。う〜らうら……よいしょ 」


言いながら空になったマガジンを交換し、更に発砲。
金鬼は無傷の優越感を通り越して、次第に不気味な物を感じ始めていた。


87 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:49:59.68 ID:43xCdwDW0
 A_A
爪;゚Д゚)「へっ!! とうとう気が触れたかよ!!
      そろそろ潮時だな!! 大人しく食われやがれ!!」

(´・ω・`)「うらら〜うらら〜うらうら、よっと 」


金鬼の流れるような動きからの接近攻撃。
しかしショボンは甘んじて受ける事はなく、常に距離を取り続け発砲に没頭する。
その真意が汲み取れない。

 A_A
爪;゚Д゚)「一体何なんだよぉー―――!!」


相手の攻撃は一切ダメージにならない。
しかしやる気がないと片付けるにはどうもおかしい。
着々と傷にもならない被弾を続ける金鬼は、ついに癇癪を起して地面を強烈に蹴りつけた。

轟音と共に揺れる足場。
金鬼が踏みつけた個所には大きなクレーターが出来ている。

分からない。ショボンの意図が分からない―――


88 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:50:14.89 ID:43xCdwDW0
 A_A
爪;゚Д゚)「分かったよ!! 一思いに苦しまないように食ってやるから!!
      な!? お前もそれで良いだろ!?」


分からない、分からない、わからない、わからない……

ワカラナイ、ワカラナイ、ワカラナイ、ワカラナイ、ワカラナイ、ワカラナイ……

その力によりいつも何者よりも上位の側であった金鬼。
その金鬼が、抱いたことのない感情に捉われ始めていた。


─── 一介の人間に恐怖を感じ始めていた。


(´・ω・`)「……う〜ぅらっと。そろそろ頃合いかな 」


ショボンの発砲が止む。
半狂乱に陥っていた金鬼は既に冷静な思考を失いつつあった。
不気味な攻撃の手が止み、心底ほっとする自分に気付き戸惑う。


89 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:50:31.89 ID:43xCdwDW0
 A_A
爪;゚Д゚)「よ、良し。いい子じゃねぇかwww。その心意気に免じて楽に殺しt―――」

(´・ω・`)「ハァ? 何言ってるんだ、お前は?」


ショボンは肩をすくめ、呆れたように言い放つ。
金鬼はまたしても絶句し、硬直する。
今度は怒りからの絶句ではない。
単純にショボンが恐ろしかった。


(´・ω・`)「今の状況は口で説明するより身を以て理解した方が良いな。
      1歩こっちに近付いてみろ 」
 A_A
爪#゚Д゚)「テメェ!! ―――ッ!?」


魔としてのプライドか、人に対する優越感か、ショボンの命令口調に金鬼は激怒し飛びかかる。

いや、飛びかかろうとした。
出来なかったのだ。
金鬼は大きく転倒し、信じられない思いでそれを見た。



膝下からぽっきりと折れてしまった自分の足を。



90 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:50:57.42 ID:43xCdwDW0
 A_A
爪#゚Д゚)「なっ!! ななな、何だこれはー―――!? テメェ!! オレに何をしやがった!?」


何も感じない。
本来ならば生まれて初めての激痛を味わうはずなのに何も感じない。
経験した事の無い体験。

 
(´・ω・`)「恐ろしいか? 恐怖も生まれて初めてだろう?」


ショボンの冷たい声が響く。
金鬼は何が起こったかすら理解出来ずにいる。
ただ確実なのは、このショボくれた顔の男が自分に『 何 か 』をしたという事実。


(´・ω・`)「『脆性破壊』というものを知ってるか? あぁ、知るわけないか 」
 A_A
爪;゚Д゚)「ぜい……せい?」


91 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:51:15.43 ID:43xCdwDW0
 
(´・ω・`)「そう、『脆性』。物質はな、超低温に晒されると極端に脆くなるんだ。金属もな 」

爪;゚Д゚)「低温だと? いつ……?」

(´・ω・`)「これだよ 」


ショボンは適当な場所に向けて1発の弾丸を発射する。
金鬼の目の前で、着弾箇所に一瞬のうちに氷が張った。


(´・ω・`)「魔が相手じゃ、並の弾丸では効果は薄いんでな。
      どうやらお前の外皮にはあらゆる感覚がないらしい。冷たい事すら感じなかったろ?」


92 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 22:51:33.55 ID:43xCdwDW0
 A_A
爪;゚Д゚)「テメェ……オ、オ、オレを一体どうする……」

(´・ω・`)「足がもげても痛がる素振りさえ見せない所を見ると、神経が完全に凍りついてるな。
      冷気で痛覚が麻痺してるんだろう。良かったじゃないか 」
 A_A
爪;゚Д゚)「いいいいいいい、一体いいいい、どどどうするつもりりりりり 」


ショボンは装填していたベレッタの破魔弾丸のマガジンを外し、新たなマガジンを入れた。
それは何の変哲も無い、ただのフルメタルジャケット。
魔に対して用いるには余りにも頼りない弾丸だが、この場合はこれで充分。

ショボンは銃口を、呂律が回らなくなり始めた金鬼の眉間に静かに向ける。


(´・ω・`)「『傷付けられた事がないから痛みを感じた事がない』だったか……?」
 A_A
爪;゚Д゚)「オ、レを一、体どうす、るつも、りなんだぁ、ぁぁ、ぁ、ぁぁ、ぁっ!!!! 」

(´・ω・`)「お前は、痛みを知らないまま死ぬ 」


その場に響く1発の銃声。
その直後、砕けたガラスが粉々になるような音が辺りを貫いた。


  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:52:41.68 ID:ijI9cfEn0
ショボンかっけええ!!しえん

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 22:56:44.37 ID:EArmKiSNO
最新話ktkr!!



wktk

95 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:04:18.38 ID:43xCdwDW0
 
  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲

ξ゚听)ξ「ツイてなかったわね、鬼さん 」


猛烈な水蒸気が場を包む。
その中でツンという少女は、何ら物怖じすることなく見るも恐ろしい鬼に話しかける。
その鬼は人外の余裕など、とうの昔に失い錯乱していた。


水鬼「馬鹿な!! そんな馬鹿な馬鹿な馬鹿な馬鹿なバカナバカ……」


その鬼は水鬼。
藤原千方が四鬼、水を操る神通力を持つ鬼。
その力で、これまでに目の前の少女を何度も溺死させようと襲いかかったが……


ξ゚听)ξ「だから運が悪かったのよ。炎と水じゃ相性が最悪。
      ゴメンね。アタシがパー。アンタはグー。
      ってジャンケン知らないか 」


96 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:04:36.01 ID:43xCdwDW0
 
水鬼の水は尽く蒸発し、現在は水蒸気として漂っている。
成す術もない。
そんな馬鹿な。


水鬼「ふざけるな!! オレは水鬼だぞ!! この世の全ての水を自在に操る水鬼だぞ!!」
    炎を使う退魔師など、オレの前では成す術もない!! 飽きるほどに喰らってやったんだぞ!!」

ξ゚听)ξ「あらそう。残念だったわね。
      この炎はこの世の炎じゃないの。
      私の炎は阿修羅の炎……」

水鬼「おのれぇぇぇぇえー――!!!!」


かき消すことが出来るはずの炎に逆に飲まれる。
水鬼は無駄と知りつつも再び大量の水を召喚する。
鉄砲水として現われた水は、土石流となりツンに牙を剥いた。


97 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:04:52.45 ID:43xCdwDW0
 
ξ゚听)ξ「阿修羅の炎は……」


濁流がツンの鼻先に触れようとする瞬間、彼女は両手を大きく外に開く。
一瞬にして駆け上がる場の温度。
炎に舐められ、かき消える濁流。


ξ゚听)ξ「地獄の業火!!」


蒸発する激流。


蒸発する水の鬼……。


  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:05:17.01 ID:I9PQ8eysO
支援

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:08:55.96 ID:p/tat/CnO
お尻臭い虫

100 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:09:25.67 ID:43xCdwDW0
 
  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲

∧_∧
(*゚;;-゚)「のぅ? お主は穏形鬼じゃろう?
     藤原千方が誇る四鬼最強の穏形鬼じゃろう?」


一つ大きな欠伸をしながらでぃは言う。
目の前には血濡れとなった漆黒の鬼、穏形鬼が肩で息をしながら立ち尽くしていた。

∧_∧
(*゚;;-゚)「つまらぬ。最強の鬼が聞いて呆れるわ。
     この程度の術が奥の手とは 」

穏形鬼「何故!? 何故我が姿が見える!?
     我は影に潜み、影から殺す影の鬼ぞ!!
     何故我が身体に爪牙が届く!?」


穏形鬼の体が二重三重にぶれる。
即座にぶれは実体と化した。

分身の術。
3人の穏形鬼がでぃに襲いかかる。


101 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:09:53.78 ID:43xCdwDW0
∧_∧
(*゚;;-゚)「所詮は幻術じゃろう?
     実態のない物など夢と同じ。喰らい尽くしてくれようぞ 」


でぃは大きく開けた口を迫りくる穏形鬼達に向ける。
唸り声と共に息を吸い込んだでぃ。
その瞬間、3人の穏形鬼の内2人。
鬼の分身が体を崩し、紫煙となってでぃの口に吸い込まれた。


穏形鬼「この紫の煙は『獏』の夢食いの力!!やはり貴様……!!」
∧_∧
(*゚;;-゚)「長く生きておるとな、このような力も使えるようになるのよwww」


『獏』とは悪夢を喰らう神の獣。
悪夢とは幻。幻とは幻術。
幻術を力とする穏形鬼は、まさにそれを主食とする力の前に戦う手段は無い。


穏形鬼「GUuuuuuOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!」


満身創痍の穏形鬼が雄叫びを上げる。
その力の全てを使い生み出した分身の数、約100。
その全てがでぃに襲いかかる。


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:09:57.48 ID:uegKqKUuO
私怨

103 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:10:56.85 ID:43xCdwDW0
∧_∧
(*゚;;-゚)「所詮は幻術じゃろう?
     実態のない物など夢と同じ。喰らい尽くしてくれようぞ 」


でぃは大きく開けた口を迫りくる穏形鬼達に向ける。
唸り声と共に息を吸い込んだでぃ。
その瞬間、3人の穏形鬼の内2人。
鬼の分身が体を崩し、紫煙となってでぃの口に吸い込まれた。


穏形鬼「この紫の煙は『獏』の夢食いの力!!やはり貴様……!!」
∧_∧
(*゚;;-゚)「長く生きておるとな、このような力も使えるようになるのよwww」


『獏』とは悪夢を喰らう神の獣。
悪夢とは幻。幻とは幻術。
幻術を力とする穏形鬼は、まさにそれを主食とする力の前に戦う手段は無い。


穏形鬼「GUuuuuuOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!」


満身創痍の穏形鬼が雄叫びを上げる。
その力の全てを使い生み出した分身の数、約100。
その全てがでぃに襲いかかる。


104 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:11:24.74 ID:43xCdwDW0
∧_∧
(*゚;;-゚)「分身をいくら出そうが無駄無駄無駄www。
     ワシをなんと心得る?」


まともに戦えば軍隊さながらの戦力を持つ穏形鬼とその分身。
しかし、その絶対的な力にも拘らず鬼達は焦っていた。
早くこの猫を殺さなければ、為す術もなく喰われるのだ。

今も次々と向かって行った分身達が、哀れにも紫煙と化し吸い込まれて行く。
分身の大群は大量の紫煙となり、大量の紫煙は猫も分身も覆い隠す。

煙の中、目を凝らす穏形鬼本体。
その中でとてつもなく巨大な獣の影が蠢いた。

∧_∧
ミ*゚;;-゚)「ワシは悠久を生きる猫又ぞ!!」


その大顎に噛み砕かれ、穏形鬼は二度と復活することのない永遠の淵へと消えた。

  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:11:33.91 ID:NMdknaUEO
支援

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:11:54.06 ID:EArmKiSNO
しぇ

…ところで作者よ、四鬼の脳内イメージはVのアレで構わんな?w

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:13:47.62 ID:ijI9cfEn0
しぃえん

108 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:15:36.71 ID:43xCdwDW0
 
  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲

('A`)「ぐ……痛ぇ……」


口から赤いものが混じった唾を乱暴に吐くドクオ。
吹き荒ぶ暴風に身を叩かれ、何度も地面に打ち付けた顔面は腫れ上がってしまっている。
半分塞がったドクオの両目は、それでも鋭い眼光を湛えていた。

  A
| (◎) |「驚いたな。まだ生きてるの?じゃ、サヨナr―――」

('A`)「ちょっと待て!!」
  A
| (◎) |「何だい?」


109 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:15:55.18 ID:43xCdwDW0
 
掌を風鬼に向けて制するドクオ。
それに大人しく従い、風を収める風鬼を確認してドクオはぽつりと言う。


('A`)「やっぱりさ、不公平だと思うんだよ 」
  A
| (◎) |「何が?」

('A`)「ホラ、オレッてただの人間だよ? 法力も超能力も無いただの人間。
    ただの人間相手に風ビュンビュン吹かせてぶっ飛ばしたりってやっぱり卑怯じゃね?」
  A
| (◎) |「う〜ん。そう言われてみるとそうかも……」

('∀`)「だろ!? お前の一生からしてみればクズみたいな人間のオレに、卑怯とか言われてるんだよ?
     ここは一先ずその風は封印して、1つ男と男のガチンコ勝負をだな!!」
  A
| (◎) |「君だって刃物隠し持ってたじゃん 」

('∀`;)「う……」
  A
| (◎) |「手の内を最後まで隠すのは別に卑怯じゃないんじゃないの?」


110 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:16:12.94 ID:43xCdwDW0
 
うすら笑いを浮かべていたドクオだったが、ここで表情を元に戻す。
同時に大きく溜め息をついた。
楽して戦う事は許されないようだ。


('A`)「はぁ〜ぁ。ですよねー」
  A
| (◎) |「お互い持ってる駒は全部使わないと。死んでから後悔しても遅いよ?」

('A`)「持ってる駒ねぇ……」


風鬼の一言を聞き、ドクオはコートのポケットに詰めてある物を探った。
分厚い紙の束が指先に触れる。
仄かに暖かいのは、その紙にはある法力が込められているから。

  A
| (◎) |「君は僕の『風』に匹敵する武器を最初に見せてくれたじゃないか 」

('A`)「良いの? そんなにヒントくれちゃって。使うよ、オレ?」
  A
| (◎) |「まぁ、そっちの方が面白そうではあるし 」

('A`)「へいへい。変な鬼だな、お前は 」


111 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:16:32.75 ID:43xCdwDW0
 
コートの両ポケットから引っ張り出したドクオの両手には、数枚の護符が握られている。
信頼すべきブーンが、ドクオの為に書き上げた法力の護符だ。
不浄を焼き払う、不動明王の炎の真言が込められている退魔の護符。


('A`)「風と炎か。どっちが強いかね?」
  A
| (◎) |「さぁwww。でも僕が昔殺した退魔師の中には炎を使う輩もいたよ?」

('A`)「まぁ、いいや。じゃ、早速……」


真っ直ぐに風鬼を見据えるドクオ。
目は無いが、風鬼も自分を見つめていることをドクオは感じた。
時が止まったかのように微動だにしない両者。
そして凍りついたような静寂を打ち破るのはドクオ。


('A`)「不動明王 火炎呪だ!!」


左手に掴んだ炎の護符を、一気に投げつけた。


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:17:32.35 ID:8g0ESvKQ0
しょうがないから読み直してくる死ね
うんこ

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:18:35.99 ID:NMdknaUEO
しえん

114 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:21:32.55 ID:43xCdwDW0
 
炎が破裂する。
急激に膨張した炎は空気を焦がし、眼前を覆い尽くす。
しかし炎は風鬼の顔の風穴から吹き出す突風にぶつかった。

  A
| (◎) |「良い炎だ……。本当に良い炎だよ!! でもね!!」

('A`)「っ!!」


炎に覆われた視界が晴れる。
風で炎が引き裂かれて行く。

  A
| (◎) |「炎は風に捲かれるものさ!!」


炎を突き破った烈風は、ドクオの体を容赦なく打ち付けた。
その鈍器のような風圧にドクオは顔を歪める。
まさしく嵐といって差し支えのない暴風が吹き荒れた。


115 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:21:59.60 ID:43xCdwDW0
 
('A`)「この……っ!! 野郎が!!」


それでもドクオは一心に護符を投げつける。
このままでは無駄だという事は分かっている。

  A
| (◎) |「それは無駄だって――」

('A`)「これでもかよ!?」
  A
| (◎) |「ぬっ!?」


無駄だと分かっているからそこにもう一手加える。
ドクオは前方に投げつけた護符に、更に投げつけた。
投擲用の暗器、苦無。
苦無の群れは炎の護符を貫き、刀身に絡めたまま風鬼に迫った。

炎が荒れ狂う。
苦無の質量に乗せた炎は、風を刺し貫き風鬼に届く。

  A
| (◎) |「ぬ!! NUUUUUuuuuuuuOhhhhhhhhhAhhhhhhhhh―――!!」


116 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:22:17.40 ID:43xCdwDW0
 
風を掻い潜った最初の1本が風鬼の体に刺さると、後りも吸い込まれるように鬼に襲いかかった。
魔に到達した不動明王の炎は、その身を焼き尽くさんと猛威を振るう。
瞬く間に風鬼は炎に包まれ、轟々と火柱が燃え上がった。


('A`;)「ふっ、ぅっ……!! 見たか!! 人間を舐めるなよ!!」


視界が炎に染まる。
突風に晒され、巻き上げられ、打ちつけられたドクオのダメージは甚大。
一気に力が抜け膝を突く。

今になって足に強烈な痛みがある事に気付いた。
立ち上がろうと力を込めるがそれは敵わない。
知らぬ間に、ドクオの右足は折れていた。


('∀`;)「へへ……へ……。名誉の負傷ってか 」


ドクオは立つ事を諦め、仰向けに寝転んだ。
ドーム状の茶色い岩の天井を見上げる。
その表情は痛みに歪むも勝利に酔っていた。


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:24:33.21 ID:EArmKiSNO
紫煙

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:26:58.94 ID:NMdknaUEO
支援

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:27:17.73 ID:EArmKiSNO
LV61の妖鬼が瞬殺かよ…でぃ強杉w

120 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:28:51.88 ID:43xCdwDW0
 
瞼が落ち、視界を閉ざす。
ドクオは心地良い闇に身を任せていた。
しかしふと気付き目を開ける。

風が吹いている。


('A`)「おいおいおい……。勘弁してほしいぜ……」


目を開けた先には未だに燻っている炎。
物を焼いた煙と臭いが漂ってくる。

しかし、風が吹いている。

  A
| (◎) |「……間違いなく僕が見た人間で十指に入る強さだ 」

('A`)「ふぅ。だったら大人しく負けてくんねぇかな……」


地面に片膝を突き見上げるドクオの先には、全身が火傷で爛れた風鬼が仁王のように立っていた。
所々完全に炭化した皮はパックリと割れ、生焼けの筋肉が覗いている。
それでも鬼は立っていた。


121 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:30:06.72 ID:43xCdwDW0
 
('A`)。o ○(残りの札は……、2〜3枚ってとこか )


静かにポケットに手を突っ込んで中を探る。
残されたカードは少ない。
ショボンの言いつけを守るとするならば、今すぐ逃げ出したいところだ。


('A`)。o ○(足がこれじゃ、速くは動けねぇ……。ちっ。死ぬかもな )


思ったより頭は冷静に働いた。
死の予感に集中力を研ぎ澄まされたのか。
その集中力が何度も脳内で今後の展開のシミュレーションを行う。


('∀`)。o ○(悪ぃショボン。オレ、死んだわ )


それがドクオの脳がはじき出した答えだった。


122 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:30:23.70 ID:43xCdwDW0
  A
| (◎) |「こんなに楽しかったのは生れて初めてだよ……」

('A`)「オレもだよ。色んな所が痛くなけりゃもっと良かった 」
  A
| (◎) |「残念だ。知り合ったのが人と暮らしてた昔だったら、良い友人になれたのかもね 」


風鬼は焼け爛れた顔の風穴をドクオに向ける。
炎で半壊したその風穴は、ぎこちなく風を集め始めた。
万全ではないにしても、人を殺すには十分すぎる風の力が収斂する。

  A
| (◎) |「ここまでだ。君を殺す 」

('A`)「言ったはずだぜ? 人間はな、牛や豚と違って噛みつくんだよ!!」

ドクオがポケットから出した護符は3枚。
それが全て。
それで打ち止めだった。


123 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:30:41.31 ID:43xCdwDW0
 
1枚目。
手を離れると同時に発火。
豪炎が燃え立つ。


―――しかし突風に巻き上げられ、炎は無力と化す。



2枚目。
吹き荒れる大風の中、予め苦無に巻きつけた護符を投擲する。
風に捲られる札単体ではなく、重量に乗せて風を裂く。


―――しかし烈風はその炎の暗器をも封じ、吹き飛ばした。


  A
| (◎) |「僕は鬼。所詮、人とは相容れない存在。
     鬼は鬼らしく、君の命を貪り食らおう!!」


124 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:30:59.44 ID:43xCdwDW0
 
風は止む事は無い。
その暴圧はドクオの肉を押し潰し、骨を軋ませる。


('A`)。o ○(最後の1枚か……。……ん?)


暴風の中、何とか顔を動かして見た最後の護符。
何かおかしい。
何かが違う。

不動明王と書かれているはずのその護符には、違う神の名が書かれていた。
ドクオは頭を働かせる。
ごく最近、バーボンハウスであった出来事を思い返した。



         『ここんトコ、間違えてるよ』



そして護符に手を加えた人間がいた。


125 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:32:33.32 ID:43xCdwDW0

('A`)。o ○(荒巻のじいさんか!? あの時、この札を忍ばせたってのか!! )


賭けるしかない。
他にカードは残されていないのだ。
どのような法力が込められているか知らないが、ドクオはこの1枚に全てを委ねると決めた。


('A`)「ラストの1枚だ。これでアンタを倒せなきゃオレの負け。
    殺すなり食うなり好きにしろよ 」
  A
| (◎) |「……すまないが……、正直喋る余裕がないんだ……」

('A`)「へっ……。実はオレもなんだよ 」


両者口を噤む。
この間も風鬼の風は強さを増し続けていた。
結局喋ることなどもう出来はしない。


126 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:32:59.19 ID:43xCdwDW0
 
正真正銘、最後の大暴風。
ドクオは足を踏み締め、地面に縋ろうとする。
しかし吹き飛ばされるのも時間の問題だった。

ドクオは右の拳の中に最後の護符をしっかりと握り込む。
体を締め付ける風。体を押さえつける強風。

その中で強く握り閉めた右手を真っ直ぐに相手に向けた。


その真言。


『帝釈天』の法力が込められた護符を───。



127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:33:02.34 ID:EArmKiSNO
/ ,' 3 しぇ

128 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:33:35.99 ID:43xCdwDW0
 
('A`;)「な!! 何だこりゃぁ……!!」


轟音と閃光。

強烈な光が風の暴力を切り裂く。
稲妻が網膜を焼くほどに閃き、雷鳴が鼓膜を打ち付ける。

飛び出した雷は刹那の内に風鬼を強襲する。

  A
| (◎) |「ガがっ!!……ガガガガ!!」


電撃が体中を駆け巡り、内側から身を焼く。
そして行き場を失った電流は空気中へと放電した。
その様は、さながらフラッシュを連続して焚いたかのように周囲を白く鋭い光に染めた。


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:33:51.67 ID:EArmKiSNO
ジオダイン支援

130 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:33:57.50 ID:43xCdwDW0
  A
| (◎) |「………」
 
('A`;)「スゲぇ……」


電撃の奔流が止んだ時、風鬼はもうそれ以上喋ることはなかった。
立ったまま、割れた皮膚や諸々の箇所から湯気を立ち上らせている。
鬼は間違いなく絶命していた。

ドクオは握ったままだった右手を見つめる。
あまりにも強く握っていたため、左手で指をこじ開ける必要があった。


('A`)「『帝釈天 雷帝杵』か……」


勝てはした。
しかし運の要素が大きい。大きすぎる。
ドクオはこの現実に直面し、同時に自分に落胆した。


(#'A`)。o ○(チクショウ……、マグレ勝ちだ。このままで良いワケがあるかよ!!)


  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼  △  ▼

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:34:27.25 ID:ijI9cfEn0
ドクオはまだまだ強くなる・・・しえn

132 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:34:44.32 ID:43xCdwDW0
 
  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲  ▽  ▲

ドクオが決着を付けた頃、ブーンとジョルジュの待つ場所では1つの事象が起こった。
部屋の中央に積み上げられていた石の塚が突然崩れ、その後に脈々と続く黒いトンネルが現れた。
入口から覗く限り、松明の様な物に灯された青い炎が足場を照らしている。
ここからでは出口を見る事は出来ない。

  _
( ゚∀゚)「行くわよ 」

( ^ω^)「おうだお!!」


2人は微塵の躊躇も無くその中へと飛び込んだ。
入口が開いたという事は、4人の仲間達がそれぞれの役割を果たしたという事。
ショボンもドクオもでぃも、そしてツンも。

走る。
四鬼を復活させ、百鬼夜行を支配下に置くモララーの元へ。


皆が開いてくれた道。
その先に何が居ようと必ず打ち倒すことを心に誓い、ブーンは一心不乱に疾走した。


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:35:42.21 ID:NMdknaUEO
しえを

134 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:35:54.42 ID:43xCdwDW0
 






          ( ^ω^)ブーンは退魔師稼業のようです━╋RETURNS━━

       ――――第一章・クソジジイの指令・地獄の1丁目へようこそ――――


                     〜その2、四鬼結界〜終








135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:36:03.00 ID:EArmKiSNO
来るか…ボス戦

支援

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:36:23.81 ID:NMdknaUEO


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:36:53.33 ID:EArmKiSNO
乙カジャ

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:37:50.44 ID:ijI9cfEn0
乙ッ

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:38:21.90 ID:HCO+HOGU0
「乙」だ…

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:38:41.93 ID:HqAT0TH90


141 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:38:54.28 ID:43xCdwDW0
本編に進む前に……

>>22
一部の密教では『陳』と表されるようです。
原作『孔雀王』でもそう表記されてますので、ここでは『陳』を使っています。

>>106
イメージは女○の転生からですw
というか、妖怪変化の類はほとんどそうですねww

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:41:00.40 ID:EArmKiSNO
>>141
わざわざレスd
だよな…じゃなきゃ、マルカジリ言わないだろしねw

…もしかして今日二本立て?

143 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:47:41.59 ID:43xCdwDW0
 
(*゚ー゚)「しぃとぉ〜!!」

(,,゚Д゚)「ギコとぉ〜!!」

( ゚д゚ )( ゚∋゚)「「愉快な仲間達による〜!!」」

(*゚ー゚)(,,゚Д゚)「「分かりやすい元ネタ解説のコ〜ナ〜!!」」( ゚д゚ )( ゚∋゚)


(,,゚Д゚)「いや〜、作者曰く『社会の歯車って苦しいよ〜辛いよ〜オロロォーン』。
      やっとこさネットが繋がったようです。
      ただいま帰りました!!」

(* ー )「嘘だっ!!」

(;,,゚Д゚)「え? 嘘って言われても……」

(#゚ー゚)「死ねっ!! 百回死ねっ!! 何か月開けてんのよ!!
     読者さんに謝れ!! エスカルゴさんに謝れ!!」

(;,,゚Д゚)「ゴメンナサイ……」

(* ー )「ユルサナイユルサナイユルサナイユルサナイユルユルユル……」

(; ゚∋゚)「あ、今回のオマケはながら投下で〜す 」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:49:44.46 ID:EArmKiSNO
何かリタイア組の社会復帰的なコーナーキターwwwwwwwwwwwwwwww

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:50:09.56 ID:ijI9cfEn0
きたwww

146 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/29(木) 23:54:06.90 ID:43xCdwDW0
 
(;゚д゚ )「うわぁー!!ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ!!
      下らないオマケでごめんなさい!!」

(* ー )「おい、作者……。お前チンコもげ。もいで詫び入れろ 」

(;,,゚Д゚)(なんなの今日のキャラは……?)

(; ゚∋゚)(ギコさんギコさん!!こんな物見つけましたぜ!!)

(;゚д゚ )(コレは!?『ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD』!! )

(;,,゚Д゚)(ナルホド!! ヤンデレ属性を身に付けて本編に登場しようという腹か!?)

(; ゚∋゚)(ヤンデレってまだ流行ってんすか……?)

(;゚д゚ )(う〜ん……どうだろう?)

(* ー )「クンクン……。レギュラーの臭いがするわ……」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/29(木) 23:56:14.81 ID:pH10PZ8R0
社会復帰ww

148 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/30(金) 00:00:26.07 ID:l0QteGI80
 
(* ー )「ふふっwww。ふふふふふふふ♪♪♪
     本編に出してくれたら、しぃ、な〜んでもしてあげるよ♪
     ね? だからツンやクーとはさよならしよっ♪」

(;゚д゚ )( ;゚∋゚)「………」

(* ー )「まだあの二人の方がいいの……? そう……
     指……無くならないと分からないのかなぁ……」

(;,,゚Д゚)「ヤバいッ!! オイお前ら!!さっさと元ネタ解説行くぞ!!」

(;゚д゚ )( ;゚∋゚)「合点承知!!」

(* ー )「ここが……レギュラーのハウスね……」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 00:00:44.91 ID:d64pyLgIO
駄目だ…この女…。
早く何とかしないと…。

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 00:01:21.54 ID:H8m9LmQY0
怖ええw

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 00:06:36.71 ID:d64pyLgIO
修羅場wktk

152 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/30(金) 00:16:58.15 ID:l0QteGI80
(,,゚Д゚)「爪゚Д゚) 金鬼。
     平安時代、伊賀と甲賀の境に豪族として力を誇ったとされる伝説の人物『藤原千方』が、
     朝廷への反乱に際して四鬼の一者。
     その体は金属のように堅牢で、矢も剣も全てを弾き返した 」

( ゚д゚ )「| (◎) | 風鬼。
     平安時代(ry
     突風を自在に操り、その威力で全ての敵を薙ぎ払った 」

( ゚∋゚)「水鬼。
      平安時代(ry
      いかなる場所にあっても腕の一振りで大洪水を巻き起こした。
      因みにツンに瞬殺されているが元々は大激戦の末、水蒸気爆発で倒すという設定だった。
      でもボツwww。用意されていたAAは『§`xx´§』←こんなの」

(,,゚Д゚)「穏形鬼。
     平安時代(ry
     己の姿を透明にしたり複数にしたりする力を持ち、一説によれば忍者の原型であるとも。
     鬼達のリーダー格であるだけにでぃとのディープなバトルが用意されていたがボツ。
     話が進まんのです。 用意されていたAAは『|】-A-【|』←これ」

( ゚∋゚)「以上。女神転生3の悪魔全書から丸パクりしてきた解説でした」

( ゚д゚ )「鬼のAAの上にある『A』とか『A_A』は一応角のつもりです 」

(* ー )「そうなんだ……。作者さんもツンとクーの方が良いんだ。そっか…、
     作者さんも私を裏切るんだ………。
     死のぅかな……」

(;,,゚Д゚)「おい、早く終わらせるぞ!! 予告いけ予告!!」

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 00:18:23.01 ID:d64pyLgIO
リスカ女wwwwwwwwwww

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 00:19:02.52 ID:H8m9LmQY0
このしぃは怖いけどどこか憎めない

155 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/30(金) 00:29:02.57 ID:l0QteGI80
从 ゚∀从「予告と聞いて飛んできましたwww。ハインちゃんで〜す!!」

(* ー )「……だれ?」

(;,,゚Д゚)「あぁ!!もう!! また面倒なのが来た!!」

(;゚д゚ )「貴様はハインリッヒ高岡!!
     退魔師稼業では魔専門の占い師という役柄でありながら、レギュラーのドクオと並々ならぬ関係のハインリッヒ高岡じゃないか!!」

(# ゚∋゚)「何しに来やがったテメェ!!
     ここはお前みたいな人気AAが来るところじゃねぇ!!とっとと帰ぇれ!!」

从 ゚∀从「帰れって言われてもなぁwww。
      予告のコーナーは今度からアタシなんだってよ。ホラ、作者からの人事異動書 」

(;,,゚Д゚)「空気読めよ!! 今はそう言うの持ってきたらダメなの!!」

从 ゚∀从「へ?なんで?」
   
(* ー )「作者さん……また新しいレギュラー……
     でも作者さんにはしぃがいるもの……作者さんも本当はしぃが一番なんでしょ?
     思い出させてあげる。ホラ……指……出して……」

(;゚д゚ )「分かった!!分かったから早くしろ!!
      お前で良いから予告いけ 」

从 ゚∀从「ハ〜イ♪」

156 :次回予告 ◆FnO7DEzKDs :2008/05/30(金) 00:36:38.23 ID:l0QteGI80
( ^ω^)「音が……聞こえるお……」
  _
( ゚∀゚)「何かしらね? 和楽器の音楽のように聞こえるわ 」

     ただひたすらに走り続けていた二人が、不意に耳にする心地よい旋律。
     開ける視界……その先に居た一人の青年。

( ^ω^)「アンタがモララーかお?」

( ・∀・)「さぁ? 多分そうだと思っていますが 」

     四鬼を凌ぐ力を身につけたモララーとの邂逅。
     そして戦い。
     ブーンとオカマが直面する彼の力とは!?

( ・∀・)「風よ……水よ……大地よ……そして影よ!!」


次回
         ( ^ω^)ブーンは退魔師稼業のようです━╋RETURNS━━

       ――――第一章・クソジジイの指令・地獄の1丁目へようこそ――――


                      〜その3、鬼王〜


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 00:39:38.63 ID:VxodwCuxO

正義の次回作も投下されててウレシス

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 00:41:42.45 ID:d64pyLgIO
また近い内に次回を見せてくれよな

乙ですたwwwwwwwwwwwwwwww

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 00:45:41.63 ID:00zgyT3m0


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 00:46:57.14 ID:xp1loU7Q0


161 :予告 ◆FnO7DEzKDs :2008/05/30(金) 00:51:15.49 ID:l0QteGI80
从 ゚∀从「予告終わりwww」

(;,,゚Д゚)「よし!!お疲れ!!帰れ!!」

从 ゚∀从「えぇ〜、もうちょっといいじゃんwww。
      アタシもポジション的には良いんだけど、どうにも出番が少なくてさぁ。暇なのよwww」

(;゚д゚ )「いや、オレ達ももう帰るからさっ!!ハインも帰ろうぜ!!なっ!!」

从 ゚∀从「つれない事言うなよ〜www。久々ジャン、ミルナ。今夜は朝まで話そうぜwww」

(; ゚∋゚)「ダメ!!ダメダメ!!絶対にダメ!!ホラ!!残業ばっかりしてると最近労働組合が五月蠅いからさ!!」

(;,,゚Д゚)「そう!!今日は定時で帰るって前から決めてたんだよ!!」

从 ゚∀从「ちぇ、つまんねぇの。じゃぁ帰るぞ〜」

(;,,゚Д゚)「お疲れ!!」

(; ゚∋゚)「じゃオレ達も───ひぃっ!!」

(;゚д゚ )「ギコ……さん……」

(,,゚Д゚)「あ?何見て───」

(* ー )「どこ……行くの……ギコ君? ギコ君も私を仲間外れにするんだ……」
     ふぅ〜ん……そうなんだ……ギコ君もそうなんだ……」

(;,,゚Д゚)「おい!! 何言ってるんだしぃ!! その鋸は一体どこから……!?
      冗談だよな!? 冗談だよなしi───ぎゃぁぁぁぁー────!!!!」!!」

162 :予告 ◆FnO7DEzKDs :2008/05/30(金) 00:51:36.70 ID:l0QteGI80




               続く






163 : ◆FnO7DEzKDs :2008/05/30(金) 00:52:35.54 ID:l0QteGI80
やべ、ageてしまったorz
それではみなさん、乙でした!!

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 00:53:44.28 ID:TvVazezA0
otu

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 01:10:50.33 ID:bJJ/FnM20
乙!!

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 01:14:52.77 ID:3QRZW3vfO
乙ー

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 01:39:04.79 ID:mn16dBIR0
http://qiufen.bbspink.com/test/read.cgi/soap/1205881992/

このスレに
「レスが全てチョン次郎の書き込みに思えてコピペにも悔しく怯えて長文で釣られまくるオタがいるスレはここでつか」

って書き込むとコピペに長文マジレス連投発狂してワロスwwww

オマエらでも100%釣れるぞw

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 03:23:33.14 ID:h/CyBTSnO


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 05:12:44.78 ID:IprYDSNjO
よむほ

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 07:06:31.49 ID:a1RdUEIK0


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 11:12:24.29 ID:+T0mphUxO


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 12:11:34.67 ID:h/CyBTSnO


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 12:25:01.94 ID:+uryae0l0
保守いらねぇだろ

91 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)